『二兎を追うものは、三兎をも得る―「ゆとり」と「お金」を手に入れるビジネス必勝法』:雨読夜話

ここでは、「『二兎を追うものは、三兎をも得る―「ゆとり」と「お金」を手に入れるビジネス必勝法』」 に関する記事を紹介しています。
二兎を追うものは、三兎をも得る―「ゆとり」と「お金」を手に入れるビジネス必勝法 (ぶんか社文庫)二兎を追うものは、三兎をも得る―「ゆとり」と「お金」を手に入れるビジネス必勝法 (ぶんか社文庫)

秋庭 道博 (著)
ぶんか社 2006-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

忙しい日常において、”ついで”の機会を利用して人生を豊かに過ごすことを勧めている本。
単行本でのタイトルが『ついで学のすすめ』で、こちらの方がしっくりくると思う。

方法論としては、相手の立場や自身にいつか返ってくるであろう影響などさまざまなことに気を配っておき、機会を正しく認識して着実に手を打っていくことの重要性を述べている部分が多く参考になる。
特に、面白くない出来事を機会と認識するのは、その時点での精神状態からいってなかなか難しいので、できるだけ気をつけるようにしたい。

他にも発想の転換に属するような事柄も書かれており、考え方次第で(多少は)プラスに持っていけるのではないかということが印象に残る。

1項目あたり2ページの構成、かつ平易な文体なので何度でも読み返すことができ、”ついで”に読むのにも向いている。

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック