FC2ブログ

『河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手』:雨読夜話

ここでは、「『河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手』」 に関する記事を紹介しています。
河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手 (別冊太陽)
河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手 (別冊太陽)
平凡社 2008-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
河鍋暁斎
もっと知りたい歌川国芳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
奇想の江戸挿絵 (集英社新書ヴィジュアル版)
もっと知りたい曾我蕭白―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
暁斎妖怪百景


幕末から明治初期にかけて活躍した画家・河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)の画集。
暁斎の作品が掲載された『魑魅魍魎の世界―江戸の劇画・妖怪浮世絵』『河鍋暁斎戯画集』が良かったのでこれも読んだ。

大判のフルカラーだけあって、暁斎作品の技巧や迫力などがよく伝わってきて見ごたえがある。
暁斎は歌川国芳に学んだ後に狩野派にも弟子入りしていて、そのどちらの技法も充分以上に消化していると解説に書いてある。例えば狩野派ではタブーとされてきた技法でもその題材に対して効果的と判断したものは惜しみなく実践するなど、江戸時代の絵画を集大成した人物と見ることもできるかもしれない。

狩野派時代の正統的な絵も多く掲載されているが、関心が深いのはやはり一ひねりも二ひねりも趣向を凝らした戯画や浮世絵、風刺画などで、例えば以下のような作品が印象に残り楽しむことができた。
  • 得意と思われるカエルを擬人化した作品の中でも、天敵のヘビを縛り上げて喜びのあまり踊っているカエルたちを描いた絵
  • 『図説 妖怪画の系譜』に掲載されていた『神農絵巻』のように、屁を攻撃手段としているナンセンス系の『放屁合戦絵巻』
  • 黒衣にひげという明治政府の官僚を風刺したと思われる、巨大なナマズが富士山をバックに空を飛んでいる絵
  • ブッダをキリスト教の使徒風に描いた『釈迦如来図』
  • ちょっと見にはオーソドックスな美人画と見せかけて、美人の視線の先ではカエルたちが相撲を取っているという『美人観蛙戯図』
  • ガイコツの目から鮮やかな色をしたトカゲが這い出している様子がリアルかつ不気味な絵
暁斎の特別展などが近くで開催されるようであれば、ぜひ観に行きたいと思う。

[別冊太陽シリーズの他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 河鍋暁斎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
河鍋暁斎のことを知ってから2年半。 ようやく再会を果たしました。 河鍋暁斎の美術館があることは調べていたのですが、 なんせ西川口、遠...
2009/10/22(木) | 観・読・聴・験 備忘録