『読書進化論-人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか-』:雨読夜話

ここでは、「『読書進化論-人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか-』」 に関する記事を紹介しています。
読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)
読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)
勝間 和代 (著)
小学館 2008-10-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
史上最強の人生戦略マニュアル
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
10年後あなたの本棚に残るビジネス書100
ブレイン・ティーザー ビジネス頭を創る100の難問


様々なメディアで取り上げられることの多い、いわゆる勝間本のひとつ。
これまで読んだことがなかったので、比較的読みやすそうな体裁の本書を読んでみた。

タイトルにあるような読書とウェブの関連性についても書かれているが、著者自身がいかにして著作をマーケティング戦略を用いて売れるようにしていったかという自慢話や、信奉者(カツマー)によるヨイショ話などに多くのページが割かれていてがっかりした。

適切な手段を着実に実行していくことで成功につなげるというメッセージが受けているように思われるが、本書だけではなぜこれほどもてはやされているのかがよく分からなかった。

ただし、後ろの方でこれまで著者が影響を受けたという本を取り上げているので、読書ガイドとして役立たないこともない。

たまたまこの本だけがハズレということもありうるので、あと2~3冊読んでみないと何とも言えない。

[いわゆる勝間本]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 勝間和代,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
勝間和代 『読書進化論』(小学館101新書)、読了。 魅力がイマイチわからないまま3冊目の勝間本。 趣向を変えて、読書のお話。 Webが台頭してきた現在、 書籍の価値とは何なのかを改めて見直す本...
2011/07/05(火) | 観・読・聴・験 備忘録