fc2ブログ

『小泉教授が選ぶ「食の世界遺産」日本編』:雨読夜話

ここでは、「『小泉教授が選ぶ「食の世界遺産」日本編』」 に関する記事を紹介しています。
小泉教授が選ぶ「食の世界遺産」日本編 (講談社文庫)
小泉教授が選ぶ「食の世界遺産」日本編 (講談社文庫)
小泉 武夫 (著)
講談社 2007-05-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド (日経ビジネス人文庫)
不味い! (新潮文庫)
ニッポン快食紀行―美味いはスゴい! (小学館文庫)
地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ (知恵の森文庫)
食と日本人の知恵 (岩波現代文庫―社会)


『発酵は錬金術である』などの著書のある発酵学の権威で、日本および世界各地のさまざまな食物を食べてきた小泉教授による、日本の食文化について、
  • 発酵
  • 調理
  • 食材
  • 調味
  • 保存・殺菌
  • 教え
の7項目68件を、日本発で未来に伝えるべき食の世界遺産として選び語っている本。

普段あまりに身近に感じている梅干、握り飯、カレールー、出汁、ワサビなどといったところから、各地の名物として知られるカラスミ、ホヤ、キリタンポ、フナのナレズシなど、そして知る人ぞ知るといった感じの珍味であるアケビのナレズシや碁石茶、灰汁巻きなど多種多彩なものを登録していく。

単においしいだけではなく健康に与える好影響や、その独特の製法などが具体的に書かれており、たゆまぬ研究・工夫で日本食を作り上げてきた先人たちの知恵が感じられて興味深い。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック