『地下利用学―豊かな生活環境を実現する地下ルネッサンス』:雨読夜話

ここでは、「『地下利用学―豊かな生活環境を実現する地下ルネッサンス』」 に関する記事を紹介しています。
地下利用学―豊かな生活環境を実現する地下ルネッサンス地下利用学―豊かな生活環境を実現する地下ルネッサンス

小泉 淳 (編集)
技報堂出版 2009-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

専門の学者や実務家たちによる、地下利用についての歴史や展望、課題などが書かれている本。
図書館で見つけ、面白そうなタイトルだったので借りて読み始めたが、想定される読者レベルが高かったため斜め読みになってしまった。

以下の4章で構成されており、第1章と第2章は知識を得られて興味深かったが、さすがにそれ以降は専門的過ぎて予備知識のない者が読むのは少々厳しい。
  • 第1章:地下利用の歴史と背景
  • 第2章:地下の特性と利用形態
  • 第3章:地下空間開発の技術
  • 第4章:地下利用の将来ビジョン

第2章では以下の関連記事で読んだ本により知っているところもあったが、国によって地下利用の社会的な背景や具体的な事例が異なること(日本では土地がないため、北欧では環境保全、欧州では都市景観保全など)や、地下施設の再利用の事例(廃坑を有効活用した地下の湧き水による地下水力発電や旧海軍の火薬庫を再利用した米の備蓄基地など)について書かれているところは興味深いものがあった。
第1章と第2章は全体の2割くらいしかないけど・・・


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック