『エースの品格 一流と二流の違いとは』:雨読夜話

ここでは、「『エースの品格 一流と二流の違いとは』」 に関する記事を紹介しています。
エースの品格 一流と二流の違いとは (Clickシリーズ)
エースの品格 一流と二流の違いとは (Clickシリーズ)
野村 克也 (著)
小学館 2008-05-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
野村ノート
野村の「眼」―弱者の戦い
野村主義
野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
<新装版>敵は我に在り 上巻 (ワニ文庫)


今年まで楽天イーグルスを監督として指揮した野村氏によるエースという視点から野球や組織、人生などについて語っている本。
ふと考えると、ノムさんの本は多く出ているものの、実際に読むのは本書が初めてだった。

冒頭で阪神のリリーフエースである藤川投手が重要な試合で中日の四番・ウッズに対して11球の直球勝負を挑み、結果打たれてチームが負けたシーンを取り上げ、個人的な勝負に固執してチームの勝利を優先しなかった点でエースとは言えないとバッサリ斬っている。

そしてこれまで見てきた投手では、古くは稲尾和久や杉浦忠、著者が指揮したヤクルト時代では伊藤智仁、そして現役ではダルビッシュ有と川上憲伸らを挙げ、「チームを救ってくれる存在」であり「チームの鑑であること」という意味でエースにふさわしいとしている。

こうした見方から、自分にはどのような役割を求められているのか、それを実現するためにどのようなことを行い考えるべきかといったところが書かれていて、巷間でよく言われるように深い内容が書かれている。
それでいて読みやすく感じるのは著者のサービス精神や経験もさることながら、多くのメディアでボヤき続けてある意味で視聴者たちを洗脳してきたからではないか・・・とちょっと苦笑気味に思ってしまった。

現役時代に大変な努力を重ねて球界を代表する選手になったことは広く知られているが、現役を引退後に講演の依頼を引き受けてストレスで参ってしまった話や、それを克服するために本を読み漁って猛勉強をしたという話が書かれていたのにはかなり驚いた。
監督業のかたわら講演もして本も書き・・・という最近の姿からはとても考えられないが、たまたま備えた才能は別として、何事も考えることや努力は重要だと思わせられる。

言動で目立つだけにいろいろ言われることも多く、多分近くにこんな人がいるとうっとうしくてやりきれないような気もするが、経験と考察に裏打ちされた内容は文章の形だとわりと納得できる。
求められているものはなかなか厳しいが、有益と思われたので他の作品も読むことになると思う。


[本書の文庫版]
エースの品格 (小学館文庫 の 3-2)
「エースの品格 (小学館文庫 の 3-2)」
 著者:野村 克也
 出版:小学館
 発売日:2010-07-06
 価格:¥ 500
 by ええもん屋.com

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 野村克也,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック