fc2ブログ

『オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える』:雨読夜話

ここでは、「『オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える』」 に関する記事を紹介しています。
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦
集英社インターナショナル 2005-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本人よ!
なぜ「オシム語」は人を惹きつけるのか?―人を唸らせ、人を黙らせる発想法と話術
悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記 (集英社文庫)
オシムが語る
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)

サッカーJ1のジェフユナイテッド市原・千葉の監督として多大な功績を残し、日本代表監督就任が決定的なイビチャ・オシムを扱ったノンフィクション。
試合後の記者会見で彼が語るコメントは深い意味があり、オシム語録として知られる。

本書は彼や周囲の人物へのインタビューをもとに、オシムという人物のこれまでの生き様や指導方法について書かれている。

分裂前のユーゴスラビア最後の監督として指揮を取り、激しくなっていく民族マスコミからのバッシングや、ホームなのにブーイングを浴びるといった逆風にもかかわらず、イタリアでのワールドカップでベスト8に導いたことは並大抵のことではない。
さらにその後発生したユーゴ内戦では奥さんがサラエボ包囲に巻き込まれて生き別れとなり、数年間連絡が取れなくなるという試練を受けている。

その後ギリシアやオーストリアのクラブ監督を歴任し、2003年に日本のジェフ市原(現千葉)の祖母井GMの熱心なオファーに応える形で監督に就任、その後のジェフの躍進は周知の通り。
阿部や羽生、坂本、巻、佐藤勇人といった選手を厳しい指導で鍛え上げ、試合中臨機応変にポジションチェンジを行い、互いを信じて走るという攻撃サッカーを実現している。

本書の中でオシムは東京オリンピックの際に選手として来日して、日本に好印象を持ったことが書かれており、今回千葉との契約が残っているという問題があるにもかかわらず、日本代表監督を受ける意欲を見せているのはそうした日本への好意があるからではないかと思った。

クラブチームの監督を契約期間中なのに強奪同然に引き抜くという川淵キャプテンをはじめとする日本サッカー協会のやり方は極めて問題だしジェフは協会へ補償を求める権利があると思うが、それはそれとしてオシムが日本代表をどのようなチームにしていくかかなり興味がある。

近頃読んだノンフィクションでは最も面白かったといっていい。




[本書の文庫版]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック