『100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図』:雨読夜話

ここでは、「『100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図』」 に関する記事を紹介しています。
100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
ジョージ フリードマン (著), 櫻井 祐子 (翻訳)
早川書房 2009-10-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する
進化の存在証明
新潮選書 日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
中国経済の真実


「影のCIA」とも呼ばれる米国のシンクタンク代表による、今世紀に起こりうる国際政治のシナリオを地政学の手法を用いて予測している本。

前提としてあるのが、
  • 人口減少と、それに対しての移民政策やロボット工学の発達
  • 宇宙分野の軍事利用
  • 米国の伝統的な世界戦略(旧大陸におけるライバル国の出現を阻止する)と、各国の地政学的状況
などで、結論としては今世紀中は米国の世紀が続くということになる。

詳細は本文を読んでいただいて・・・というところだが、概略としては以下のようなシナリオが描かれていて、現在の世界情勢からすると意外に感じることも多い。
  • 2020~30年代:
    ロシアが米国に再挑戦して敗北した結果崩壊し、中国は国内のひずみに耐え切れずに混乱状態に陥る
    また、欧州も活力を取り戻せない状態が続く
  • 今世紀半ば:
    上記の結果として日本、トルコ、ポーランド(を盟主とする東欧諸国)が拡大して帝国を形成する。
       ↓
    これが米国の世界戦略と衝突して米・ポVS日・土の世界大戦が勃発し、宇宙兵器や機甲歩兵、超音速無人戦闘機を用いたハイテク戦争となる。
  • 2080年代:
    米国は世界大戦に勝利して好景気を享受するが、国内の旧メキシコ領(テキサスやカリフォルニア)でマジョリティとなったメキシコ系移民の扱いをめぐって、大国に変貌を遂げたメキシコの挑戦を受けて大規模な紛争が勃発する

少し日本や各国の伝統的な行動にとらわれすぎのようなきらいがあることや、経済や技術の分析が少し甘いように感じられることなど、突っ込みどころも多いが、ありうる可能性の一つとして、意外とも思われることが書かれていて刺激的である。
米国でベストセラーになっているのもよく分かる。

また、20世紀のいくつかの時点における国際情勢の展望を振り返って常識とされたものは必ず覆されること、そして政治指導者が選択しうる手段はチェスの手と同様ある程度限られていると論じているのも説得力があって印象に残っている。
必ずしも楽しい内容とは言えないが、興味深い1冊であることは確かである。


[本書の文庫版]
100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ジョージ フリードマン (著), 櫻井 祐子 (翻訳)
早川書房 2014-06-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[地政学関連の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
>佐佐木さん

国際政治の冷たい感じが出ていて、なかなか興味深かったです。
面白かったので、わりと早目に読めたと思います。

> きっと読書されるスピードもすごく速いんでしょうね。

う~ん、面白ければ速いのですが、つまずくと遅くなることもあり
読書スピードはあまり安定してないというのが正直なところですね。

佐佐木さんの近未来モノもぜひ読んでみたいです。
2009/12/25(金) 20:17 | URL | ufit #-[ 編集]
うーん!
またまた、面白そうな本ですね。

近未来モノを描くなら目を通さねばならない一品ですね。

いつもいつも、ですが
本当に参考になります。

きっと読書されるスピードもすごく速いんでしょうね。

また、遊びに来ますね。
2009/12/25(金) 13:17 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック