『東京箱庭鉄道』:雨読夜話

ここでは、「『東京箱庭鉄道』」 に関する記事を紹介しています。
東京箱庭鉄道
東京箱庭鉄道原 宏一 (著)
祥伝社 2009-05-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
トイレのポツポツ
ヤッさん
床下仙人 (祥伝社文庫)
かつどん協議会 (集英社文庫)
へんてこ隣人図鑑 (角川文庫)


主人公の前に突然謎の紳士が現れ、予算400億円、期間3年という条件で東京へ敷設する鉄道のプランを立てて欲しいという依頼がなされ、メンバーを集めてプロジェクトに挑むという小説。

400億円とはいまいち実感の湧かない額だが、調査するうちに全長数キロ程度の規模しか引けないことが分かり、新宿周辺や吉祥寺あたりの不便な場所、地元から復活の要望の強い場所などでの路線案が構想され、主人公を中心に集まった5人はあれこれ議論を重ねながら話は盛り上がっていく。

そこから謎の資産家である日野宮氏の過去や、明らかに西武鉄道グループを皮肉った企業グループの暗躍などが徐々に描かれてきて、西武鉄道グループが戦後にうすら暗い手口で急成長を遂げたことに対する風刺にもなっている。

ストーリー自体は『かつどん協議会』と同じような感じで目新しさは少ないが、鉄道に対してのわくわくするような思いや鉄道プランがリアルで実際にできると面白そうで、楽しく読むことができた。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 原宏一,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック