『マグネシウム文明論』:雨読夜話

ここでは、「『マグネシウム文明論』」 に関する記事を紹介しています。
マグネシウム文明論 (PHP新書)
マグネシウム文明論 (PHP新書)
矢部 孝 山路 達也
PHP研究所 2009-12-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
会計のルールはこの3つしかない (新書y)
3語で9割通じる英会話 (青春新書インテリジェンス)
ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待 (光文社新書)
貝と羊の中国人 (新潮新書)
満員電車がなくなる日―鉄道イノベーションが日本を救う (角川SSC新書)


海水からマグネシウムを抽出し、循環可能な新エネルギー源として利用するという研究について紹介されている本。
矢部教授の研究をテクニカルライターの山路氏が一般向けに書き下ろしたもので、えっと驚くような研究がなされていることを知ることが出来る。

具体的には太陽光をレーザー光線に変換したものを海水に当てることなどで淡水とマグネシウムを取り出すというもので、環境への負荷が少ない方式であることが分かってくる。
現在はマグネシウム精製のコストがまだまだ高いために普及には至っていないものの、この方式で海水から淡水を作る装置は実用化され、輸出されていることなどが書かれていて驚く。
(さすがに特許の問題があるために、細かな方法は書かれていないが)

いきなりこのような研究を知ると”本当に!?”という感じでどうしても疑ってしまい、また科学的なプロセスにもあまりピンと来ないところもあるが、夢があってかつ現実的にも実現が近そうなことが書かれているので期待したくなってくる。
研究の事業化についても多くのエピソードが書かれており、興味深く読み進めることができた。


宇宙太陽光発電所
「宇宙太陽光発電所」
 著者:松本 紘
 出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン
 発売日:2011-06-26
 価格:¥ 1,260
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック