fc2ブログ

『知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト』:雨読夜話

ここでは、「『知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト』」 に関する記事を紹介しています。
知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト
知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト
高橋 寿一 (著)
翔泳社 2005-02-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
現場の仕事がバリバリ進む ソフトウェアテスト手法
ソフトウェアテスト293の鉄則
基本から学ぶソフトウェアテスト―テストの「プロ」を目指す人のために
ソフトウェアテスト入門 押さえておきたい<<要点・重点>>
はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法


以前『いちばんやさしいソフトウェアテストの本』を読み、その中でおすすめとして挙げられていた本のひとつ。
業務でシステムテストを行うことがあり、体系的な知識を得て仕事に活かすことを期待して読んだ。

著者はマイクロソフトやソニーでこうしたテストの責任者を経験しているためか、テストの研究と実際の現場でのギャップなども熟知していることが伝わってきて、率直かつ説得力のある意見が多い。

これまでソフトウェアテストに関する格言やコラムが随所に掲載されていて、テストの経験がある者としては例えば以下のような格言はその通りだと思う。

  • バグを全部見つけるのは無理と心得よ
  • エラーは見つからないだろうという仮定のもとにテストの計画を立ててはいけない
  • ソフトウェアテストで重要なのは、どの部分にバグが出やすいのか、そこにどのようなテスト手法を適用すれば十分な品質が得られるかを知ることである


ホワイトボックステストにおけるカバレッジという指標や、ブラックボックステストにおける同値分割法/境界値分析法、ソフトウェアテストでのコストと品質の兼ね合いなど、テストにおける多くの手法や標準についてその長所と短所が書かれていて、この分野の概略を知るという意味でためになった。

常々テスト計画やパターンを作成するのは面倒だと感じているが、本書でもこれが正解というようなものはないようなことが書かれ、改めて重要かつ大変な作業だということも再認識させられた。

他にも、IEEE829というテストプランテンプレートが存在することや、テストケース管理ツールの利用により効率化が可能な場合もあることが述べられ、このあたりももう少し知っておきたいと感じた。

一口にテストと言っても規模や内容、関わるレベルなどはさまざまであり、自分が関わっているところに近いところから参照していくのがいいと思う。
それぞれの具体的なテスト手法などについては他の本も読んでいくことが必要となるが、2冊目に読んだ本としてなかなか良かった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック