『野球人の錯覚』:雨読夜話

ここでは、「『野球人の錯覚』」 に関する記事を紹介しています。
野球人の錯覚
野球人の錯覚加藤 英明 (著), 山崎 尚志 (著)
東洋経済新報社 2008-03-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス
一球の心理学―勝敗を分ける微妙なアヤを読み解く
データで読む 常識をくつがえす野球
メジャーの投球術 (祥伝社新書 106)
ドラフト下位指名ならプロへ行くな!データで読むプロ野球で成功するための条件

  • チャンスで点が取れないと、次の回でピンチに陥る
  • エラー、併殺、ファインプレーなどがあると試合の流れが変わる
  • 盗塁、送りバント、エンドランなどの有効性
といった野球関係者の間では常識ともされるようなセオリーに対し、行動経済学の観点から統計的に検証・考察を試みている本。
『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』『野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス』を読んでデータから見た野球の面白さを感じたので本書も読むことになった。

”流れが変わる”とか”後に引く”といった抽象的な表現では分析できないため、”次の回”とか”次の試合”というようなはっきりした定義をした上で、データを用い確率を分析しているが、思っていた以上にこうしたセオリーに友好な相関関係が見られないことが分かって面白い。
こうした錯覚が起こる要因としては、たまに発生した場合に人々の記憶に強いインパクトが残るためということが書かれていてうなずける。

まだデータが集まっていないセオリーがあったり、分析手法がそこまで洗練されていないようにも感じるが、新たな試みということで視点を変えたり面白く読む分にはいい作品と思う。
研究が進んで野球の奥深さをさらに楽しむことができるようになることを期待したい。

[著者(加藤氏)の作品]
行動ファイナンス (ファイナンス・ライブラリー)
「行動ファイナンス (ファイナンス・ライブラリー)」
 著者:加藤 英明
 出版:朝倉書店
 発売日:2003-04
 価格:¥ 3,570
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック