『人には聞きにくい嫌われない作法101』:雨読夜話

ここでは、「『人には聞きにくい嫌われない作法101』」 に関する記事を紹介しています。
人には聞きにくい嫌われない作法101 (講談社ニューハードカバー)人には聞きにくい嫌われない作法101 (講談社ニューハードカバー)

今井 登茂子 (著)
講談社 1998-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仕事や人付き合いなど様々な場面における作法を101項目に列挙して解説している本。
近所の古本屋で300円で販売されていたものを見つけ、知っておくと役に立つだろうという考えから購入した。

著者はアナウンサーでマナーや話し方についての著作が多いようで、またフジテレビ・安藤優子キャスターの師匠にも当たると書いてあった。

内容としてはマナーを各項目内において、具体的なNGとなる状況設定やエピソードを交えて語っているので分かりやすい。
また、なぜそのような作法を実施しているのかという背景を知っておくと、実行しようというモチベーションを保つことができることも語っており、他のことにも言えるものだが納得できる。

職業柄や世代的なものもあって語り口に少々説教臭く感じる部分もないではないが、手元に置いて参照するにはコンパクトで使いやすいと思う。
一度読んで内容を覚えておくのは無理があるため、冠婚葬祭などのイベントの際に参照するような使い方を心がけたい。

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック