『現代語訳 論語と算盤』:雨読夜話

ここでは、「『現代語訳 論語と算盤』」 に関する記事を紹介しています。
現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)
現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)
渋沢 栄一 (著), 守屋 淳 (翻訳)
筑摩書房 2010-02-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
未来思考 10年先を読む「統計力」
私の個人主義 (講談社学術文庫)
「論語」に帰ろう (平凡社新書)
孫子・戦略・クラウゼヴィッツ―その活用の方程式
歴史の使い方(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6)


明治時代に数多くの企業を設立するなどして日本資本主義の父とも呼ばれる渋沢栄一の著作『論語と算盤』を、現代語訳している作品。
原書は読んだことがないのでどの程度読みにくいのか知らないが、意味の解釈などで引っかかるところもなく読みやすい。

前半は道徳にウエイトを置いた話なので少し退屈するが、後半の道徳と経済の関連という話になると面白くなってくる。
道徳に対しての理想ばかりを語りすぎて現実と離れてしまった場合は朱子学の生まれた中国の宋代のように国を危うくしかねないことや、利を求めることは論語でも否定されていないこと(正しい道に則ってならばOK)、孔子が好きな理由はキリストのような奇蹟ネタを扱っていないことなど、納得しやすい話が書かれている。

また、以下のように現在ニュースなどで扱われたりするある種の人々を批判するのに使えそうなネタが多いのも面白い。
  • 自分磨きについて、これは必ずしも自分らしさやありのままの自分を損なうものではなく、また知識にばかり偏ってはいけない
    →カツマー(勝間和代信奉者)へ
  • 社会生活では思いやりが重要で、むやみに法の裁きを仰ぐべきではない
    →訴訟社会のアメリカなどへ
  • 格差は豊かさや力強さを求める以上、存在しないわけには行かない
    →社会主義や共産主義、格差社会論を叫ぶ現代日本の大マスコミへ

ところどころ時代や渋沢の経験による偏っているように感じられる意見、例えば江戸期の商道徳があまり発達していなかったとしているのが前の時代を貶めがちな傾向によるものと思われたり、農民出身だったことで武士に対するあこがれが感じられるところもあり、このあたりも人間臭くて好感を持って読むことができた。

道徳がすたれていることへの危機感も書かれているが、これはいつの時代の人も同じように言うことなのだろう。

[渋沢栄一関連作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 渋沢栄一,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
渋沢栄一 『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書)、読了。 今年は、渋沢栄一翁のことをいろいろ勉強する機会に恵まれ、 年の瀬ということで、まとめのつもりで本作を読んでみました。 『論語と算盤』は、渋沢による著作ではなく講演録であり、 講演テーマはや場面、聴衆に合せて語っているため、渋沢の理論を体系として捉えるのは なかなか難しいように感じたのですが、 それでも、語りかける言...
2014/12/30(火) | 観・読・聴・験 備忘録