『心をつかむメール術』:雨読夜話

ここでは、「『心をつかむメール術』」 に関する記事を紹介しています。
心をつかむメール術
心をつかむメール術
内藤 誼人 (著)
PHP研究所 2005-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
モテ・メール?1通のメールじゃ相手の心は掴めない、なんて思ってませんか?
大人の超メール術―仕事力と恋愛力をアップする厳選100フレーズ+α!
ワルの恋愛術--ワルな男は3秒で女を虜にする!
恋のメール手帖―携帯だからこそ、伝わる気持ちがある
ココロをつかむケータイメール―愛される50の法則


多数の著作で売れている心理学者・内藤誼人による、メールで効果的に好感度を上げるテクニックを紹介している作品。

まずは
  • 早い返信を受けたら感謝の意を伝える
  • シンプルで分かりやすく
  • 分量は相手に合わせる
といった基本的なところから始まり、
  • タイトルや結びの一文にこだわる
  • 面倒な依頼を断る際は、過去のせいにする
    (ex.○前までなら、お受けできたのですが…)
  • 相手を怒らせてしまった場合は、”わざとではない”ことと”謝る”ことで状況改善が見込める
  • お願いする時はまずホメる
  • 説得には比喩を効果的に使用する
という仕事で活かせるもの、
  • 友人にもきちんと感謝や謝罪の意思を伝える
  • 愚痴なんて言えば言うほど感情が高まるので、ほどほどに切り上げさせる
など友人とのやり取りに使用できるもの、他にも出会い系や恋愛、家族向けなどのものも書かれている。

読むと適切に使用すれば効果を上げられるものが多いと思うが、一歩間違うとスベッたり逆効果になりかねないものも多いので注意が必要である。
また、こうしたテクニックは基本的なメールの作法やマナーができていてこそ活きるものであり、それ以前の心づかいができていない人が多いようにも思う。

メールは情報が限られているがゆえに、ちょっとした気持ちや人柄が拡大して伝わりかねない部分があるように感じる。
この利点を活かしつつ弊害を最小限に抑えるのがなかなか難しい。

[著者の近著]
「話し方」で人を動かす「超」心理術
「「話し方」で人を動かす「超」心理術」
 著者:内藤 誼人
 出版:東洋経済新報社
 発売日:2010-04-16
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 内藤誼人,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック