『秀吉神話をくつがえす』:雨読夜話

ここでは、「『秀吉神話をくつがえす』」 に関する記事を紹介しています。
秀吉神話をくつがえす (講談社現代新書)
秀吉神話をくつがえす (講談社現代新書)
藤田 達生 (著)
講談社 2007-09-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
信長と消えた家臣たち―失脚・粛清・謀反 (中公新書)
豊臣秀吉 (中公新書 (784))
「本能寺の変」はなぜ起こったか―信長暗殺の真実 (角川oneテーマ21)
信長軍の司令官―部将たちの出世競争 (中公新書)
謎とき本能寺の変 (講談社現代新書)


日輪の子、農民からの大出世、墨俣一夜城、中国大返しに平和の実現者など、本人が権威付けのために実施したり後世の人々が唱えたものも含めて秀吉にまつわる神話や伝説は数多く存在する。

本書ではその中でも、出世にまつわる話、中国大返し、平和の実現という3つの神話を中心に実情はかなり異なっていたということを多くの資料を用い論じている。

この中では2番目の中国大返しに関しての章が最も興味深く、以前読んだ著者の『謎とき本能寺の変』において釈然としなかった点(本能寺の変後における明智光秀や足利義昭の行動の鈍さ)についての説明がなされていて納得できた。

光秀や義昭の動きが鈍かったのは、秀吉による毛利氏など諸大名や信長家臣たちへの情報工作が浸透していて動こうにも動けなかったというのが真相のようで、秀吉が一枚も二枚も上手だったということだろう。

他にも
  • 信長政権における家臣相互での競争を強いることによる、本能寺の変の遠因となる構造的な問題
  • 秀吉と毛利、上杉、三好、長宗我部といった周辺の大名たちとの駆け引き
  • バカ殿とされる信長次男の信雄だが、三法師(秀信)の後に家督を継いだ信雄時代を見過ごしてはならないこと
  • 後世で脚色された惣無事令ではえこひいきが目立ったり、反抗していない大名を改易するなどかなりやりたい放題の大名政策がなされていたこと
など、他の歴史書ではあまり読んだことのなかった点が多く書かれていて興味深い。
秀吉の実現した「平和」というものが、あくまで外征のために軍事力を蓄えるためのものだったということがよく感じられた。

以前より秀吉に対しては偽善者っぽいうさんくささを感じていたが、本書を読んでその思いはさらに強くなった。
どちらかと言えば家康の方が変な人気取りをしなかった分好感が持てる。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 藤田達生, 豊臣秀吉,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック