『東洋医学の知恵 医者にも薬にも頼らず健康に生きる』:雨読夜話

ここでは、「『東洋医学の知恵 医者にも薬にも頼らず健康に生きる』」 に関する記事を紹介しています。

医食同源や漢方、ツボ、お灸といった身近に実践できる東洋医学の手法を紹介している本。

GEOにて古本1冊10円のセールで販売されていたものを購入し、あまり期待せずに読んでいったが、思った以上に役立つ内容が書かれていてためになった。

特に良かったのはツボに関するところで、
  • 自分に合ったツボである阿是穴(あぜけつ)を、感覚で適当に探す方法
  • 耳を刺激することで肩こりや疲れ目に効果があるという白隠禅師由来の耳按摩
  • ツボが集中する足の指を手の指で組んで反らせる握足手(あくそくしゅ)
などは寝る前にでも簡単に実施できるので有用性が高い。
ただ、阿是穴なのか単に筋肉がこわばっているだけなのかよく分からない部分も多い・・・

他にも日本の食卓に並ぶ食材がいかに健康にいいかということや、症状別のツボや漢方薬の処方、長寿に有効そうな習慣が列挙されており、自分に合ったものをやってみるのがいいと思う。

書かれている方法を日々実践しているお坊さんが長生きするのも納得できた。
効果が出るプロセスについてはまだ謎も多いが、長い歴史の中で経験が積み重なった東洋医学は奥が深いと感じた。


[本書の続編]
東洋医学の知恵(2) 特効の“食物パワー”で健康に生きる
KAWADE夢新書

 堀田宗路(著者)
 河出書房新社
 2000/07
ブックオフオンライン
Easy LinkMaker


にほんブログ村 本ブログへ

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック