fc2ブログ

『佐藤一斎「重職心得箇条」を読む』:雨読夜話

ここでは、「『佐藤一斎「重職心得箇条」を読む』」 に関する記事を紹介しています。
佐藤一斎「重職心得箇条」を読む
佐藤一斎「重職心得箇条」を読む
安岡 正篤 (著)
致知出版社 1995-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
[現代語抄訳]言志四録
佐藤一斎「人の上に立つ人」の勉強―45分で読める『言志四録』+『重職心得箇条』
呻吟語を読む (致知選書)
佐藤一斎「言志四録」を読む
日本精神の研究―人格を高めて生きる


江戸時代後期の儒学者・佐藤一斎が指導者や管理者の心得を説いた『重職心得箇条』について、安岡正篤が経営者たちに向けて講演した内容を中心に、原文および口語訳が付随している本。

著者の安岡正篤という人はこれまでよく知らなかったが、東洋思想の権威として戦後の政財界の指導者たちの師として多大な影響を与えてきたすごい人らしい。

原典の内容については、先日『上に立つ者の教え「重職心得箇条」』を読んで大まかなところを知っていたので、認識が深まったと思う。
著者の語り口も、親切な感じが伝わってきて分かりやすい。

サイズが新書版とコンパクトなので、手元に置き折に触れて読み返すのに向いている。

著者の手がけた古典の解説書も多く出てくるようなので、他にも何冊か読んでみたい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 佐藤一斎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック