『齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる!』:雨読夜話

ここでは、「『齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる!』」 に関する記事を紹介しています。
齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)
齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)
齋藤 孝 (著)
筑摩書房 2010-04-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
頭がよくなる図化思考法 (ソフトバンク新書)
<目と脳がフル回転!> 即効マスター らくらく速読ナビ
「1冊10分」で読める速読術 (知的生きかた文庫)
世界一わかりやすい「速読」の教科書
新書1冊を15分で読む技術-スーパー速読1週間 (祥伝社新書186) (祥伝社新書 186)


毎週土曜日22時からTBS系で放送されているテレビ番組『ニュースキャスター』でコメンテーターとして観ることの多い明大教授・齋藤孝氏による読書論。

本書の趣旨としては速読・多読によって多くのインプットを得ることでオリジナルな考えを出せるようになることを目標としており、著者がこれまでに習得してきたテクニックを紹介している。

具体的には
  • 2割くらいでも読んで概略をつかむ手法
  • 目次から全体の構成を把握しながら読む
  • 引用する文を探しながら読む
  • 著者やテーマなどのつながりから本を読んでいく
などが分かりやすく書かれていて参考になる。

購入した本がたまっていることについては、”本当に本が増えて困るというのは、10000冊くらいになってからをいいます”ということが書かれており、積読本がたまっている現状はあまり気にしないことにした。

他には、著者が法学部に入学したものの途中から興味が持てなくなったことや『世界の中心で愛を叫ぶ』には入り込めなかったこと、テレビ番組はくだらないものが多いと分かっていながら大好きでついつい観てしまうことなど、自身を飾らない話がところどころ出ているのも好感が持てる。

現在当ブログの中で読んだ本の感想を記事にしていることを考えると、本書内で書かれているところのBレベル(要約できる段階)までは何とか来れているいると思うので、次のAレベル(理解力・速解力のある段階)にいかに近づくかを訓練したいところである。



[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 齋藤孝,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック