『ランズバーグ先生の型破りな知恵』:雨読夜話

ここでは、「『ランズバーグ先生の型破りな知恵』」 に関する記事を紹介しています。
ランズバーグ先生の型破りな知恵
ランズバーグ先生の型破りな知恵
スティーブン・E・ランズバーグ (著), 清宮 真理 (翻訳)
バジリコ 2010-01-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
その科学が成功を決める
未来思考 10年先を読む「統計力」
経済学で現代社会を読む 改訂新版
比較歴史制度分析 (叢書 制度を考える)
新潮選書強い者は生き残れない環境から考える新しい進化論

  • ケチは社会のために有益
  • 寄付をいろいろな団体に分けて行うのは慈悲深い行為と言えない
  • 人口は増える方がいい
など、経済学の考え方を使用して一般的に考えられているのとは異なる形での問題解決の手法を語っている本。

『ヤバい経済学』『不道徳教育-擁護できないものを擁護する』などと同様、完全に納得はできないがうまく反論もできないという刺激的な内容に仕上がっている。

著作を読んだことのある経済学者のロバート・フランクやリチャード・ポズナー判事の唱えた説に反論したりしていて、その見解の違いを楽しむこともできる。

提言の中には日本で一部実施されているものもあるように思うが、効果の程については何とも言えない・・・
経済学の使い方によっては通常と異なるものの見方があり、普段錯覚に従って行動しているようなところもままあることを実感させられて面白い。

[買ってからまだ読んでいない著者の作品・・・]
ランチタイムの経済学―日常生活の謎をやさしく解き明かす (日経ビジネス人文庫)
「ランチタイムの経済学―日常生活の謎をやさしく解き明かす (日経ビジネス人文庫)」
 著者:スティーヴン ランズバーグ
 出版:日本経済新聞社
 発売日:2004-09
 価格:¥ 900
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ランズバーグ先生の型破りな知恵作者: スティーブン・E・ランズバーグ出版社/メーカー: バジリコ発売日: 2010/01/08メディア: 単行本 AIDSを減らすには、セックスの相手を増やせば良い。 裁判員裁判で、人種を理由に有罪か無罪かの心象を決めるのは推奨されるべきだ。 ?...
2011/08/22(月) | 本読みの記録