『世界史の誕生─モンゴルの発展と伝統』:雨読夜話

ここでは、「『世界史の誕生─モンゴルの発展と伝統』」 に関する記事を紹介しています。
世界史の誕生─モンゴルの発展と伝統 (ちくま文庫)
世界史の誕生─モンゴルの発展と伝統 (ちくま文庫)
岡田 英弘
筑摩書房 1999-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本史の誕生―千三百年前の外圧が日本を作った (ちくま文庫)
歴史とはなにか (文春新書)
日本人のための歴史学―こうして世界史は創られた! (WAC BUNKO)
倭国の時代 (ちくま文庫)
倭国―東アジア世界の中で (中公新書 (482))

モンゴル帝国によるユーラシア大陸の大半を制覇したことが各地の地域史を統合した世界史の誕生につながったという観点を中心に、遊牧民の国家が果たしてきた役割について書かれている歴史論考。

まず歴史とは文化であると定義し、ギリシアのヘロドトスによる『歴史』と漢の司馬遷による『史記』がそれぞれ書かれ、その地域の歴史的枠組みを規定してしまっている事実を指摘している。

まず、『歴史』ではヨーロッパのギリシア都市国家連合がアジアからの侵略者たるアケメネス朝ペルシア帝国との戦いをメインにしているのが影響して、ヨーロッパ対アジアという対立史観が現代の欧米に至るまで続いている。
また、『史記』からは天命を受けた中華の王朝が続くという正統史観が定着し、現代の中華思想に影響を与えている。
ペルシアや日本といった周辺地域もこれらの歴史観に対抗した形で歴史観を造り上げ、例えば日本では『日本書紀』に始まる万世一系史観が形成されることになった。

こうした歴史観の違いは歴史教育にも影響を与えており、日本でも日本史、東洋史、西洋史と分かれた形で始まり、世界史の教科に統合された後も世界の覇権がどこにあるのかという中国型の正統史観に影響された形となってしまっているとしている。

このようにユーラシアの東西で別種の歴史がつづられていたが、この構図を世界史という形で統一した時期が来ることになり、それがモンゴル帝国の形成ということになる。

モンゴル以前はスキタイ、匈奴、鮮卑、突厥、ウイグル、契丹、女真といった遊牧民の国家が興亡し、ローマや漢のような定住民の国家との交渉などについても書かれていて興味深い。

モンゴル帝国の前後ではユーラシアの社会構造に大きな変化があり、例えば中国の明、清やロシアのロマノフ王朝、オスマン帝国、インドのムガール帝国などは全てモンゴルの後継国家の側面を持つという話には衝撃を受けた。
『悪魔の辞典』でもロシア人のことを”白人の皮をかぶったタタール人”と書かれていたような気がする・・・

他にも、古代に地中海世界を支配したローマ国家のことをローマ帝国、支配者を皇帝という用語で訳されているが、中国に存在した概念を当てはめようとしたのが無理があるとしている。
例えばローマ皇帝は有力者たちの選挙で選ばれる終身の独裁者のことで、元老院議員筆頭あるいは終身大統領、総統のようなイメージが近いようなことが書かれていたのにも驚きを受けた。

終章では歴史の違いの問題の大きさを指摘しつつも、それらを統合する手がかりとしてモンゴル帝国時代に統合された世界史が役立てられるのではないかということが書かれている。

歴史上の概念について考えたこともなかったことがいくつも書かれていて、いい意味でのショックを受けながら読むことができた。

[著者の他の作品]

[『歴史』と『史記』の関連作品]

悪魔の辞典 (角川文庫)
「悪魔の辞典 (角川文庫)」
 著者:アンブローズ ビアス,奥田 俊介,Ambrose Bierce
 出版:角川書店
 発売日:1975-04
 価格:¥ 700
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック