『爆笑問題のニッポンの教養 深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学』:雨読夜話

ここでは、「『爆笑問題のニッポンの教養 深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学』」 に関する記事を紹介しています。
爆笑問題のニッポンの教養 深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 17)
爆笑問題のニッポンの教養 深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 17)
高井 研 太田 光 田中 裕二
講談社 2008-04-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 11)
爆笑問題のニッポンの教養 生命のかたちお見せします 発生生物学
爆笑問題のニッポンの教養 ヒトはなぜ死ぬのか? 生化学 (爆笑問題のニッポンの教養 5)
爆笑問題のニッポンの教養 コトバから逃げられないワタクシ 言語学
爆笑問題のニッポンの教養 「脱出したい!」のココロ 海洋生命科学 (爆笑問題のニッポンの教養 24)


NHKで放送されている爆笑問題の番組を単行本化したシリーズで、今回2人は地球微生物学を研究する高井研氏のもとを訪れている。
まず高井氏が若いのと風貌や話し方が芸人っぽいところが語られ、なんとなく親近感を持った状態で会話が始まっていく。

語られた研究内容としては、深海深くの熱水が噴き出すようなところでメタンを生成する細菌が発生したことが生命の誕生につながるのではないか?といった感じのことで、深海の興味深い生態の一部を知ることができる。
高井氏はそこからさらに進んで、具体的にどこの海底で生命が誕生したのか、さらにはこれに近い状態を再現できないか?といったスケールの大きな研究に取り組んでいるという。

前半は高井氏が語る研究に爆笑問題の2人がなるほどと聞き入る感じだったが、生命とはエネルギーがかき混ぜられた状態から生まれ、エネルギーを変換して生きる存在だという話になったところから、高井氏と太田の間で大激論が展開されることとなる。

なぜエネルギーがかき混ぜられるのか?という問いにこだわる太田と、エネルギーをかき混ぜる状態から生命が生まれたとする考えの美しさに感動しているという高井氏の立場の違いから、科学とは何か?とかどの程度の疑問に科学を使うかどうかということで2人ともかなり熱くなっていることが伝わってくる。

高井氏が若いこともあるのか、高井氏と太田が気質的に似ているためなのか、”君の場合、科学に偏見がある”(太田)とか”人間として絶対おかしいわ”(高井氏)といった、かなり刺激的な会話が後半を通じて交わされており、最後に田中が”あのさ・・・二人で飲みに行けよ!”と締めくくっているのにはかなり笑ってしまった。

太田が挑発的な議論を学者に吹っかけるのはいつものことだが、高井氏が真っ向から受けて立ったために今回はこれまで読んだシリーズの中で最もインパクトのある内容だった。
二人が本当に飲みに行って議論を続けたらどうなったんだろう・・・



[高井氏の他の作品]
生命はなぜ生まれたのか―地球生物の起源の謎に迫る (幻冬舎新書)
「生命はなぜ生まれたのか―地球生物の起源の謎に迫る (幻冬舎新書)」
 著者:高井 研
 出版:幻冬舎
 発売日:2011-01
 価格:¥ 840
 by ええもん屋.com

[巻末のブックガイドで紹介されていた作品の一部]
深海の庭園
深海の庭園
[シンディ・L. ヴァン・ドーヴァー]
生命と地球の歴史 (岩波新書)
生命と地球の歴史 (岩波新書)
[丸山 茂徳,磯崎 行雄]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 爆笑問題,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック