『戦国武将の危機突破学』:雨読夜話

ここでは、「『戦国武将の危機突破学』」 に関する記事を紹介しています。
戦国武将の危機突破学 (日経ビジネス人文庫)
戦国武将の危機突破学 (日経ビジネス人文庫)
童門 冬二
日本経済新聞社 2005-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」 (講談社プラスアルファ文庫)
将の器・参謀の器―あなたはどちらの“才覚”を持っているか (青春文庫)
男の器量 (知的生きかた文庫)
人生に役立つ!偉人・名将の言葉
上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 (PHP文庫)


信長・秀吉・家康といった天下人の他、伊達政宗、細川幽斎、黒田如水など、戦国武将たちが難局を迎えるにあたってどのような対応を取り、それらがどのように参考になるかを書いている本。

有名な事例だけでなく、あまり知られていない事例も挙げ、登場する戦国武将を人間くさく脚色して描かれているが、その分分かりやすくはある。

内容的には蒲生氏郷が領地替えにあった際の、従来の家臣や引き連れた商人と移転先の住民との間での取り持ちや、秀吉が若い頃に今川の家臣から退職勧告をされた際のやり取りなどがちょっと面白かった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 童門冬二,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック