fc2ブログ

『“中国古典”役に立つ兵法120』:雨読夜話

ここでは、「『“中国古典”役に立つ兵法120』」 に関する記事を紹介しています。
“中国古典”役に立つ兵法120 (知的生きかた文庫)
“中国古典”役に立つ兵法120 (知的生きかた文庫)
守屋 洋
三笠書房 2008-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
孫子の兵法 (知的生きかた文庫)
兵法三十六計―世界が学んだ最高の”処世の知恵”(知的生きかた文庫)
孫子に学ぶ12章―兵法書と古典の成功法則 (角川SSC新書)
「孫子の兵法」がわかる本―世界最高の「人生戦略の書」をどう読むか!
右手に「論語」左手に「韓非子」―現代をバランスよく生き抜くための方法 (角川SSC新書)


武経七書(『孫子』、『呉子』、『司馬法』、『尉繚子』、『六韜』、『三略』、『李衛公問対』)、『三十六計』、『孫臏兵法』、『諸葛亮集』といった兵書に加え、『荀子』や『老子』といった様々な中国の古典から120の名言を抜粋し、現代語訳と解説を行っている作品。

著者による『孫子に学ぶ12章』と内容がかぶっているような気もするが、1つあたり1~2ページと短くまとめられていて、分かりやすい。

戦争はだまし合いの要素も強いのでその手の言葉も多いが、集団を動かして行うものでもあるため、組織や人間関係に関する言葉も多い。
将として軍を率いる上では、義や信といった徳目、そしてルールの徹底などが必要なことも再認識させられる。

例えば『諸葛亮集』にある言葉の結びに出てくる
  • これをこれ大将という
  • これをこれ智将という
  • これをこれ仁将という
のようにテンポがいい言葉も多く、声に出して読んでみるのもいいと思う。




著者の作品について書いた記事
  • 『孫子に学ぶ12章』
  • 『右手に「論語」左手に「韓非子」』
  • 『司馬法・尉繚子・李衛公問対』
  • 『「韓非子」を見よ!』
  • 『兵法三十六計』
  • 『実践・老荘思想入門』
  • 『戦国策(徳間文庫)』

  • にほんブログ村 本ブログへ
    スポンサーサイト




    関連タグ : 守屋洋, 孫子, 荀子,

    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    「孫子」 金谷治 訳注 岩波文庫  孫子は《戦争は国家の一大事である。[国民の]死活がきまるところで、[国家の]存亡のわかれ道であるから、よくよく熟慮せねばならぬ》という考えから、いかに味方の損失を...
    2011/12/18(日) | 雑言羅言