FC2ブログ

『今さら聞けないクラウドの常識・非常識』:雨読夜話

ここでは、「『今さら聞けないクラウドの常識・非常識』」 に関する記事を紹介しています。
今さら聞けないクラウドの常識・非常識 (新書y 223)
今さら聞けないクラウドの常識・非常識 (新書y 223)
城田 真琴
洋泉社 2009-10-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
図解 クラウド早わかり
クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
クラウドコンピューティング―技術動向と企業戦略
クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
クラウド大全 第2版 サービス詳細から基盤技術まで


このところIT用語として定着した感のあるクラウド・コンピューティングについて、サービスの仕組みや大手企業での取り組み、今後の展開などを分かりやすく解説している本。

クラウドがどのように使用されているかの理解がいまひとつあいまいだったため、同僚に貸してもらい読んでみた。

まず、クラウドを提供する企業ではグーグル、アマゾン、セールスフォース・ドットコムの3社が大手で、それに追随するのがマイクロソフトやIBMという構図になっていることが書かれている。

また、クラウドの分け方は3通りほどあり、
  • パブリック・クラウドとプライベート・クラウド
  • HaaS/PaaS/SaaS
  • コンシューマ・クラウドとエンタープライズ・クラウド
という形になっている。

クラウドを利用するメリットの主なものとしては、
  • 安い
  • 導入の手間や費用が発生せず、管理も不要
  • 利用状況に応じて、リソースを増減できる
  • 一時的な利用も可能
  • 変更やバージョンアップも容易
などが挙げられ、
逆にデメリットというか課題としては
  • ネットワークを経由する関係上、外国のサービスではアクセス速度が落ちる
  • データがどこに保存されているか分からず、一定のカントリーリスクがある
  • 大手では特に管理について非公開の部分が多く、トラブル時は返金のみで保証を行わないところが多い
などが列挙されていた。

クラウドを支えるハードウェアとしてはあちこちに建設されたデータセンターがあり、例えばデル製の安価な汎用サーバを利用して規模のメリットを活かすことで低コストを実現しているらしい。

コスト要因として大きいのが電気代ということで、冷却用の電力を節約するために寒冷地を選んでデータセンターを建設したり、税金など所在地における法律の変更によってはデータごと移動する場合も多いとある。

この中ではサーバなどをセットでコンテナに詰めた、コンテナ型データセンターというものも多く使用されているということには強いインパクトを受けた。

目新しい形でのクラウドの利用例としては、ネットワークストレージに画像データを保存する機能のあるデジカメ様のメモリや、クラウドから情報を取り込むタイプのロボットなどが挙げられていて、ちょっとすごいものが出たものだと感じた。

こうした形でクラウド化が進んでいくと、現在とはかなり異なった形でのシステムを持った社会になるということが強く感じられた。

全体として章ごとに解説している内容が明確で、章末ではそれぞれのまとめやクラウドに関するトリビアのコラムがつけられていて非常に分かりやすかった。

他にもこの手の本を読んで、理解を深めたいと思う。


[クラウドについての代表的な作品]
クラウド化する世界
「クラウド化する世界」
 著者:ニコラス・G・カー,Nicholas Carr
 出版:翔泳社
 発売日:2008-10-10
 価格:¥ 2,100
 by ええもん屋.com

[著者の他の作品]
SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス ~ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション~
「SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス ~ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション~」
 著者:城田 真琴
 出版:毎日コミュニケーションズ
 発売日:2007-10-25
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック