『戦国忍者クール列伝』:雨読夜話

ここでは、「『戦国忍者クール列伝』」 に関する記事を紹介しています。
戦国忍者クール列伝 (中経の文庫)
戦国忍者クール列伝 (中経の文庫)
九軍師
中経出版 2010-06-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国忍者列伝―乱世を暗躍した66人 (学研M文庫)
戦国武将 シミュレーション・バトル (中経の文庫 き 7-2)
忍者のすべてがわかる本 (PHP文庫)
決定版 忍者・忍術・忍器大全
忍者の大常識 (これだけは知っておきたい)


戦国時代に活躍したとされる忍者たちを、伊賀系、甲賀系、その他、架空といった分け方で、流行のイケメンなイラストとともに解説している本。
少し前に読んだ『「戦国武将」がよくわかる本』とかなり近い構成となっているが、題材が忍者のためか妖怪変化のような忍者のイラストも多い。

服部半蔵や風魔小太郎、百地丹波といった有名な忍者の他に、滝川一益や水野勝成、和田惟政などの忍者のような活躍をしたり伊賀や甲賀の出身だった戦国武将たちも扱われている。
知らなかった忍者が多く出てくるので面白い。

伊達家では黒脛巾組、島津家では山くぐり、尼子家では鉢屋衆といった具合に、戦国大名で組織された忍者部隊が活躍したエピソードも書かれている。
例えば伊達政宗の場合では、黒脛巾組が情報工作を成功させていなければ、人取橋の合戦で滅ぼされていたかもしれないという話には驚いた。

歴史シミュレーションゲームに登場する”誰この人?”と思っていたキャラクターの素性も知ることもできた。
歴史小説やゲームをさらに楽しむことができると思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック