fc2ブログ

『原稿用紙10枚を書く力』:雨読夜話

ここでは、「『原稿用紙10枚を書く力』」 に関する記事を紹介しています。
原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)
原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)
齋藤 孝
大和書房 2007-02-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫)
1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)
齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!
人間関係力 ̄困った時の33のヒント ̄ (小学館101新書)
凡人が一流になるルール (PHP新書)


原稿用紙10枚を目安として、一定以上の長さの文章を書くための技術やヒントを紹介している本。

書くことをスポーツに例え、段階を追ってトレーニングすればある程度のものは書けるという考えで書かれている。

例えば、
  • 目的を持っての読書が、書くためのベースとなる
  • 3つのポイントを意識し、書く前に構成を組み立てる
  • どのような立ち位置から書くかを意識して、文体が決まっていく
など、具体的なものになっている。

映画の感想を書いてみること、日記をつけることなどから、まずは徐々に書く枚数を増やすことで心理的な壁を取り払うことを重視していることが分かる。

著者の作品でしばしば書かれている、本に書き込みをしたり三色ボールペンを多用する手法はあまりやりたくないが、それ以外はまあ実践的で役立つ内容だった。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 齋藤孝,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック