FC2ブログ

『世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本』:雨読夜話

ここでは、「『世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本』」 に関する記事を紹介しています。
世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本 (PHP文庫)
世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本 (PHP文庫)
造事務所 (編集), 東 ゆみこ (監修)
PHP研究所 2007-05-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで (PHP文庫)
伝説の「武器・防具」がよくわかる本 (PHP文庫)
「天使」と「悪魔」がよくわかる本 ミカエル、ルシファーからティアマト、毘沙門天まで (PHP文庫)
伝説の「魔法」と「アイテム」がよくわかる本 (PHP文庫 そ 4-16)
よくわかる「世界の幻獣(モンスター)」事典―ドラゴン、ゴブリンからスフィンクス、天狗まで (廣済堂文庫)


小説や映画、ゲームなどで登場する神話上の神獣やモンスターの数々を紹介している本。

ペガサスやグリフォン、龍、ヤマタノオロチといった有名なものから、インドや中南米、アフリカなどに伝わるわけのわからないようなものまで多彩なキャラクターが登場する。

機動戦士ガンダムシリーズに地名やモビルスーツ名として出てくるア・バオア・クー(正体不明の透明なモンスター)やイフリート(ちょっと抜けたところのある魔神)が、実は神話のモンスターに由来することも知り、少し驚いた。

北米ではコヨーテやイクトミ(クモ男)のようなネイティブ・アメリカンの部族に伝わるキャラクターの他、西部開拓者たちのホラ話からポール・バニヤン(気のいい木こりの巨人)やフープスネーク(輪っか状の蛇)なども生み出されており、このあたりは人面犬や口裂け女のような都市伝説に通じると思った。

さほど期待せずに読んだが、思った以上に知らない神獣やモンスターが収録されていて面白かった。



[監修者の他の作品]
大人のための仏教童話 人生を見つめなおす10の物語 (光文社新書)
「大人のための仏教童話 人生を見つめなおす10の物語 (光文社新書)」
 著者:東ゆみこ
 出版:光文社
 発売日:2009-10-16
 価格:¥ 861
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック