FC2ブログ

『宇宙にとって人間とは何か―小松左京箴言集』:雨読夜話

ここでは、「『宇宙にとって人間とは何か―小松左京箴言集』」 に関する記事を紹介しています。
宇宙にとって人間とは何か―小松左京箴言集 (PHP新書)
宇宙にとって人間とは何か―小松左京箴言集 (PHP新書)
小松 左京
PHP研究所 2010-12-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
生命の木の下で (新潮文庫)
小松左京マガジン 第39巻
探査機はやぶさ7年の全軌跡―世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ (ニュートンムック Newton別冊)
DVD付き ああっ女神さまっ (42) 限定版 (講談社キャラクターズA)
日本辺境論 (新潮新書)


日本を代表するSF作家・小松左京がこれまでにインタビューやエッセイで語ったり小説の中で登場人物に語らせたりした中から、7つの章ごとに名言を紹介している作品。

通常の箴言集では4行かそこらのものがほとんどの場合が多いが、本書では3ページくらいになるような、まとまった分量の箴言が目立つ。

各章の終わりには、川勝平太、小池百合子、瀬名秀明、小川一水らの各氏が寄稿し、小松氏の作品やそれに流れる思想の魅力について語っている。

以前読んだ小松氏のエッセイである『SF魂』にもあったように宇宙や宗教観、SFの意義なども当然多いが、知性や愛、日本と世界の関係など幅広い内容を語っていて、以下のように感じの知らなかった部分がいくつも書かれている。
  • 科学技術とひとくくりにされるが、科学と技術は別物
    現在は技術ばかりが進んで、科学が追いついていない
  • 人類が分不相応に精神だけが発達したとすれば、自然からの呪いとも取れる
  • 人間同士が結ばれるのは、愛よりも”魂”に対する相互の敬意による
  • 生命という点で人類は尊重すべきもので、また他の生命においても同等に言える

これまであまり読んだことのなかった歴史や哲学についての記載も多く、下記のような部分にははっと気づかされたりした。
  • 聖徳太子が「日出ずる国・・・」という挑戦的な国書を隋に出した背景には、鮮卑族が皇帝となっている隋に敬意を払う必要はないと見下していたからではないか
  • 中国で皇帝が行ったという封禅という儀式は元々土を盛るということに由来し、思われている以上に日本にも影響があったのでは?
  • 大陸の文化や思想には、遊牧の影響が強いものが多い
  • 日本では矛盾した要素をそれぞれ平気で受け入れるところがあり、天皇が続く理由になっているように感じる
  • 日本が戦争に負けたのはある意味ラッキー。勝っていたら軍人が今も威張っていただろうから
  • アメリカにおける熾烈な競争と同様に、日本では職場での雑談が大きな効果を発揮している

前向きさが感じられ、やさしさや思いやりといった部分がキーワードとして頻出するのも好感が持てる。

原典もそれぞれの言葉の後ろに記載されていて、読んでみたいものもいくつかあった。
ハルキ文庫から小説は再版されているものもあるので、いずれ読んでみたい。

また、まえがきを小松左京事務所の担当者が書いていた。
現在小松氏は健康なものの、以前のように本を読んだり原稿を書けなくなっているということだった。
無理をせず、長生きして時々鋭い意見を語ってくれたらと思う。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小松左京,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック