『図解 東京の地下技術―地面の下は「知」の結集、「技」の競演!』:雨読夜話

ここでは、「『図解 東京の地下技術―地面の下は「知」の結集、「技」の競演!』」 に関する記事を紹介しています。
図解 東京の地下技術―地面の下は「知」の結集、「技」の競演!
図解 東京の地下技術―地面の下は「知」の結集、「技」の競演!
青山 ヤスシ (編集), 古川 公毅 (編集)
かんき出版 2001-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
みんなが知りたい地下の秘密 洪水時のあふれた水を取り込む地下トンネルとは?地下鉄の上り線と下り線を同時につくる技術とは? (サイエンス・アイ新書)
写真と地図で読む!帝都東京地下の謎【完全版】
コミック版 専門土木―鋼構造・コンクリート構造・ダム・トンネル
ニッポン地下観光ガイド
首都高をゆく (イカロス・ムック)


当時の東京都副知事と元東京都建設局長による、東京の地下で施行されているさまざまな技術を図解つきで紹介している本。

既に多くの建造物があることや埋め立て地が多くて緩い地盤など、東京には地域的な制約が多いが、そうした技術で克服している過程が描かれている。

地下にトンネルを掘るのはシールド工法が主流だが、そのオプションとして3~4個のシールドを組み合わせる形や、途中から穴を細くするためにシールドの中に一回り小さなシールドが組み込まれたタイプなどがあって驚かされる。

他にも下記のような技術が紹介され、興味深い。
  • 川の地下のように緩い地盤の場所で、地盤を凍らせてトンネルを建設する
  • 砂をつき固めた杭を何本も打ち込んで、地盤の液状化を防ぐ
  • 下水や雨水を集めて遠心分離で処理する地下施設
  • 建物に膨張液を流し込んで徐々に壊していくサイレントダイナマイト
  • 古い下水管を砕きながら新しい下水管を作っていく
  • 道路の排気ガスを土壌を通して有害物質を除去する

基本的には技術の話で文章だけではピンと来ないところも、項目ごとに図解を多用しているので理解しやすい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック