『クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった』:雨読夜話

ここでは、「『クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった』」 に関する記事を紹介しています。
クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
野村総合研究所 城田 真琴
東洋経済新報社 2009-02-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
クラウド化する世界
今さら聞けないクラウドの常識・非常識 (新書y 223)
クラウドコンピューティング―技術動向と企業戦略
米国クラウドビジネス最前線
図解 クラウド早わかり


以前読んだ『今さら聞けないクラウドの常識・非常識』の著者による、クラウドに関する類書。
『今さら聞けない・・・』より前に書かれていて重なるところも多いが、技術的なところやビジネスモデルについてのところで初めて知るところがけっこうあった。

まず、Amazonのクラウドで、エラーを無視する技術(エラー忘却技術)によってシステムを止めない工夫というのが印象に残った。
これはシステムの一貫性を多少犠牲にしても可用性を重視する考えからということで、なるほどと思った。

また、マシンの発熱量を抑えるために冗長化機能を設定していないともあり、全体としては規模の大きさで障害をカバーするという考え方が伝わってくる。

そしてグーグル社ではメーカーからサーバマシンを購入せず、パーツを購入して自社の業務に最適な構成で組み立てて使用していることも書かれていて驚いた。
隠れた世界有数のメーカーという表現はインパクトがある。

他にもクラウド・コンピューティングと、グリッド・コンピューティングやユーティリティ・コンピューティングとの違い(もちろん重なるところも多い)や、稼働率保証はするが、それ以外の保証が不明確なところが多いことなどが書かれている。

クラウドは何らかの形で企業の業務に入ってくるはずなので、社内で運用する部分とどう使い分けるかがカギとなってくると思う。
なかなか興味深かった。



[クラウド関連の本]




パソコン入門からIT専門書まで幅広く取り揃えています。セブン-イレブン受取り手数料無料のセブンネットショッピング。

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック