『唐宋伝奇集〈下〉杜子春他39篇』:雨読夜話

ここでは、「『唐宋伝奇集〈下〉杜子春他39篇』」 に関する記事を紹介しています。
唐宋伝奇集(下)――杜子春 他三十九篇 (ワイド版岩波文庫)
唐宋伝奇集(下)――杜子春 他三十九篇 (ワイド版岩波文庫)
今村 与志雄
岩波書店 2014-05-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
唐宋伝奇集(上)――南柯の一夢 他十一篇 (ワイド版岩波文庫)
唐代伝奇 新版 (新書漢文大系 10)
中国は、いま (岩波新書)
日本近代短篇小説選 明治篇2 (岩波文庫)
日本近代短篇小説選 明治篇1 (岩波文庫)


中国の唐代から宋代にかけて書かれた伝奇小説を集めたアンソロジーの下巻で、39編が収録されている。

ショートショートと言える長さの作品が多く、読みやすい。

表題作は国語の教科書で取り扱われることの多い、芥川龍之介の短編『杜子春』の原作である。
大まかなところは同じだが、愛を感じる対象などの細部はそれなりに異なっているのが分かる。

上巻の表題作(「南柯の一夢」)と同様、主人公の杜子春も人生について多くを知ってしまうところで終わるが、こうした人がどのような心境に至るのかが想像しづらい。

また、中島敦の短編『山月記』の元となった「李徴が虎に変身した話」も収録されていて、中島が李徴の心情に関する部分をふくらませて書いているのが分かって面白い。

他にも表題の通り唐代や宋代に書かれたものということで、その後の時代に書かれた『聊斎志異』や『棠陰比事』に使用されたと思われる話がいくつもある。

例えば盗賊を巧妙な手段で検挙する「則天武后の宝物」は『棠陰比事』に似たような話があったし、天に向かってひもを伸ばす話の「嘉興の綱渡り」や麺好きなのにやせたままでいる男が出てくる「麺をとかす虫」なども『聊斎志異』の中で似た話を読んだ。

他にも、
  • みかんの中で仙人たちが将棋をしていた「みかんの中の楽しさ」
  • 運命の赤い糸ならぬ赤い縄が出てくる「赤い縄と月下の老人」
  • 宿屋のおかみに妖術をかけられそうになり、逆に妖術を返してしまう「女将とろば」
  • 難破した先の国で、なぜか若様と遇される「つばめの国の冒険」
などが収録されていて面白い。

話の豊富さや面白さ、後世の様々な文学作品に影響を与えたことなどを考えると、絶版となっているのがつくづく惜しい。
再版が望まれる。



蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)
「蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)」
 著者:芥川 龍之介
 出版:新潮社
 発売日:1968-11
 価格:¥ 340
 by ええもん屋.com








にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック