『地球外生命体を探せ』:雨読夜話

ここでは、「『地球外生命体を探せ』」 に関する記事を紹介しています。
NHKサイエンスZERO 地球外生命体を探せ (NHKサイエンスZERO)
NHKサイエンスZERO 地球外生命体を探せ (NHKサイエンスZERO)
NHK「サイエンスZERO」取材班 (著), 田村 元秀 (著)
NHK出版 2011-02-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
NHKサイエンスZERO 時計遺伝子の正体 (NHKサイエンスZERO)
生命は、宇宙のどこで生まれたのか(祥伝社新書229)
宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)
「太陽系」の地図帳
人類が生まれるための12の偶然 (岩波ジュニア新書 626)


NHK教育で放送されている番組「NHKサイエンスZERO」で放送された同タイトルの回を再構成した本。

太陽系の外にある惑星、つまり系外惑星探しの歴史から発見された系外惑星、そして生命体が存在する可能性などについて解説している。

全体的には著者の田村氏の共著である『宇宙は「地球」であふれている -見えてきた系外惑星の素顔』をより分かりやすくコンパクトにまとめた印象だが、その後の科学的発見が書かれていて興味深い。

例えば
  • NASAが昨年発表した、生命に必須と考えられていたリンの代わりにヒ素を使って生きる細菌が存在すること
  • 来年に66台のパラボラアンテナを組み合わせたアルマ望遠鏡という電波望遠鏡が、チリの高地で稼動予定であること
  • 昨年、てんびん座の方向にある系外惑星が、ハビタブルゾーン(水が液体で存在する場所)にあるスーパーアース(地球の数倍以上ある地球型惑星)らしいと発表されたこと
などが書かれている。

昨年時点で発見されている系外惑星は500以上になるとのことで、思っていた以上に惑星観測が進んでいることを感じる。

120ページと比較的短い分量で、分かりやすく解説されているのがいい。
こうした系外惑星や地球外生命体探査のニュースが楽しみになってくる。




[NHKサイエンスZEROから出ている他の作品]




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック