『キタミ式イラストIT塾 「基本情報技術者」 平成23年度』:雨読夜話

ここでは、「『キタミ式イラストIT塾 「基本情報技術者」 平成23年度』」 に関する記事を紹介しています。
キタミ式イラストIT塾 「基本情報技術者」 平成23年度 (情報処理技術者試験)
キタミ式イラストIT塾 「基本情報技術者」 平成23年度 (情報処理技術者試験)
きたみ りゅうじ
技術評論社 2011-02-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
キタミ式イラストIT塾 「ITパスポート」 平成23年度 (情報処理技術者試験)
[改訂3版] 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説
基本情報技術者大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法―流れ図と擬似言語―第2版
技術評論社監修 基本情報技術者DS
平成23年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 (情報処理技術者試験)


昨年学習に使用した『キタミ式イラストIT塾 「ITパスポート試験」 平成22年度』が面白くて分かりやすかったので、この基本情報処理技術者編が出ないかと思っていた。

先に『平成23年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室』を購入して2度ほど通読し、なかなか分かりやすいと思っているが、本書はイラストも楽しむことができることから、それとは別に購入した。

まずは一通り読み終えることができるようにとの配慮から、『キタミ式イラストIT塾 「ITパスポート試験」』にも登場したキノコとドングリのキャラクターを主人公とした漫画を多用していて分かりやすい。

特に、ネットワークの接続やシステム開発の手順など、動きや流れで理解した方がいい部分では感じがつかみやすい。
イラストに詰め込まれた情報が少し見づらく感じるところもあるが、分かりやすさ、楽しさを優先した結果である。

学習を進めていくうち、得意なところと不得意なところ、好きな分野と苦手な分野が分かってきた。
知識問題やロジカルに考えれば何とかなる問題は比較的解答できるが、十進数を二進数に変換したり、ハードウェアの処理速度を求める問題など、数字関連がやはり弱い。
また、これまでの業務経験その他で目にしたたかどうかも、大きく影響している。

今年第1回目の試験は、震災の影響もあり7月10日(日)。
合格できる自信はないが、やれる範囲で学習を進める。



[他の基本情報技術者試験向け参考書]

資格取得.net

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : きたみりゅうじ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック