fc2ブログ

『ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z』:雨読夜話

ここでは、「『ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z』」 に関する記事を紹介しています。
ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z (メディアワークス文庫)
ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z (メディアワークス文庫)
今野 敏 (著), 矢立 肇 (原案), 富野 由悠季 (原案)
アスキーメディアワークス 2010-07-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ティターンズの旗のもとに〈上〉―ADVANCE OF Z (メディアワークス文庫)
刻に抗いし者 1―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者〈2〉―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
ガンダム・センチネル―ALICEの懴悔
機動戦士ガンダム外伝―コロニーの落ちた地で…〈上〉 (角川スニーカー文庫)


今野敏による、ティターンズを中心とした視点から描かれたガンダム小説の下巻。

上巻に続き、グリプス戦役時の話と戦後の軍法会議のシーンが交互に書かれ、法務官のコンラッドが軍部と駆け引きを繰り広げる法廷サスペンスという感じが強くなっていく。

数々の事実が明らかになり、地球連邦軍が隠蔽しようとする、グリプス戦役におけるティターンズでの秘密や当時の事情、そしてなぜ地球連邦軍がエリアルドを葬ろうとしているのかなどが徐々に明らかになっていく。

エリアルドからすれば敵に当たる、元ジオン残党でエゥーゴに参加したガブリエル・ゾラも多く登場するようになり、戦争に敗れた立場の兵士たちのことがよく書かれていると思う。

モビルスーツも、上巻に登場したものの他、ギャプランのファイバーやフライルー、リックディアスの重装型などが登場するところも読んでいてテンションが上がる。
特に、ギャプランのファイバータイプはモビルスーツを2機搭載して地上→大気圏外→地上と大陸間弾道ミサイルのような移動方法をするのが印象に残る。

他、『Zガンダム』が放送されていた頃にはなかった、インターネットやスマートフォンといった小道具をきっちり使っているところも面白い。

これまでガンダム小説はほとんど読んでいなかったが、ガンダムを前面に出さないことなどの著者のうまさもあって、かなり楽しむことができた。

アニメで放送された作品の小説版はおおよそのあらすじを知ってしまっているので、これまでアニメ化されていないガンダム作品を他にも読んでみようかと思っている。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 今野敏, ガンダム,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック