FC2ブログ

『ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) 』:雨読夜話

ここでは、「『ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) 』」 に関する記事を紹介しています。
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)

塩野 七生
新潮社 2002-07-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


塩野七生による『ローマ人の物語』シリーズでのハンニバル戦争の完結編。

ハンニバルのために兵を10万以上、将軍を10人以上失ったローマでは、若き将軍のスキピオがハンニバル一族の根拠地だったスペインを征服し、さらにはイタリア半島南部で活動するハンニバルを追い出すべく、カルタゴ本国を攻撃する作戦に着手する。

独断専行の部分はあるが、軍事的な才能以外にも政治力やカリスマ性を併せ持つスキピオはこの作戦を成功させた結果、危機に陥ったカルタゴ本国がハンニバルを呼び返し、ついにザマの決戦で両者があいまみえることになる。

ハンニバル、スキピオともに古代世界における代表的な名将と書かれており、彼らの活躍を知ることができて面白かった。

また、後半では第二次ポエニ戦争後にローマで、カルタゴやマケドニア、シリアといった隣国に対する政策をめぐって、「穏やかな帝国主義」を提唱するスキピオと、強硬路線を唱える大カトーにより意見の対立が目立ってくる。
こうした路線の違いや各国の思惑が重なり合い、マケドニアやカルタゴとの戦争が続いていくことになる。

前作のシリーズである『ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず』でローマはイタリア半島をほぼ統一し、今回のシリーズではカルタゴ、ギリシア、スペインを勢力下に置き、地中海世界での最強国になっていく。

次の『勝者の混迷』では勝利後における国内での課題を調整する時期のローマを描いているという。
こちらを読むのも楽しみである。


[本書の単行本版]
ローマ人の物語〈2〉― ハンニバル戦記
「ローマ人の物語〈2〉― ハンニバル戦記」
 著者:塩野 七生
 出版:新潮社
 発売日:1993-08
 価格:¥ 2,940
 by ええもん屋.com

[ハンニバルやカルタゴ、ポエニ戦争に関係した作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
タイトル:ローマ人の物語 (5) ー ハンニバル戦記(下) 作者:塩野七生 出版元:新潮社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 一時はローマの喉元に迫る勢いを見せたカルタゴの将軍ハンニバルだったが、ローマの知将スキピオのスペイン攻略…
2011/11/23(水) | 書評:まねき猫の読書日記