fc2ブログ

『SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ』:雨読夜話

ここでは、「『SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ』」 に関する記事を紹介しています。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ(特典なし)SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ(特典なし)

バンダイ 2009-08-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジージェネレーションシリーズの、PS2での最新版。
初めてダブルオーが登場する作品をプレイしたことになる。(デスティニーはスパロボZでプレイした)

比較的メジャーな作品はファーストガンダムからガンダム00まで一通り押さえている印象だった。(前作の『スピリッツ』は宇宙世紀に絞って作られていた)
その代わりマイナーな作品のステージはなく、キャラクターも限られている。(クロスボーンガンダムとか)

システムとして、パイロットをスカウト可能な作品から選ぶというスカウトリンクのシステムは、なかなかいいと思う。
『スピリッツ』で使われていたハロポイント制ではなく、資金でスカウトする方法なのも分かりやすい。

また、マスターユニットも戦艦に搭載でき、戦艦2隻という運用が可能なのも『スピリッツ』に比べてプレイしやすくなった。

新機能で目を引くのは、ある条件を満たすと敵味方の増援が発生するウォーズブレイクというシステムで、最初は努めてウォーズブレイクを発生させていたが、途中からは面倒になって省略することも多くなった。

で、『スピリッツ』より面白いはずなのだが、スピリッツの次にプレイしたことも影響したのか、早く飽きた感がある。

飽きるのが早い一因は、ステージが細切れになっていて全体としてのストーリーがないことにあると思う。
シリーズで以前プレイしたPS2の『NEO』やGBAのアドバンス、さらにはワンダースワンのギャザービートなどのようにオリジナルストーリーがあった方がいい。
やり込み要素を重視するとスピリッツやウォーズの方がいいのだろうが、この形だと途中から単調さがつらくなってくる。
少々ストーリーがグダグダでもいいので、1つのストーリーとなっている方が興味が続きやすい。

同じ傾向のゲームの次にプレイしない分には、やり込み要素が高くて面白いゲームだと思う。




スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック