fc2ブログ

『日本の歴史がわかる本〈古代~南北朝時代〉篇』:雨読夜話

ここでは、「『日本の歴史がわかる本〈古代~南北朝時代〉篇』」 に関する記事を紹介しています。

日本の歴史がわかる本〈古代~南北朝時代〉篇 (知的生きかた文庫)
日本の歴史がわかる本〈古代~南北朝時代〉篇 (知的生きかた文庫)
小和田 哲男
三笠書房 2010-12-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本の歴史がわかる本〈室町・戦国~江戸時代〉篇 (知的生きかた文庫)
日本の歴史がわかる本〈幕末・維新~現代〉篇 (知的生きかた文庫)
世界の歴史がわかる本<古代四大文明~中世ヨーロッパ>篇 (知的生きかた文庫)
マンガ・日本の歴史がわかる本 幕末・維新‐現代篇 (知的生きかた文庫)
マンガ・日本の歴史がわかる本 古代‐南北朝時代篇 (知的生きかた文庫)


古代から南北朝期にかけての日本の歴史におけるポイントを、項目ごとに解説している歴史読み物。

通説、異説双方を紹介し、かつ著者自身の見解も述べている
  • 邪馬台国と大和朝廷の関係についての諸説
  • 応神天皇や継体天皇の頃に、武力を伴っての王朝交代があったかどうか
  • 騎馬民族征服王朝説以外にも、水軍船団征服王朝説がある
  • 「磐井の乱」と呼ばれる戦争は、実際のところ大和の王朝と九州の王朝による内戦だったのではないか
  • 藤ノ木古墳に埋葬されていた人物としては、(蘇我馬子に暗殺されたことで知られる)崇峻天皇などが有力とされる
  • 北条得宗体制(本家に権力が集中)では、得宗(実権あり)と執権(実権なし)が別人のケースもしばしばあった
    例:北条高時が得宗で、赤橋守時が執権など
など、通説と異説が存在するポイントが書かれていて興味深い。

まずまず楽しめたと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小和田哲男,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック