北杜夫氏の逝去を悼む:雨読夜話

ここでは、「北杜夫氏の逝去を悼む」 に関する記事を紹介しています。
作家・北杜夫(本名:斎藤宗吉)氏の訃報を知り、残念に思った。

中学の頃に国語のテキストに著書『ぼくのおじさん』の一節が扱われていて面白かったので、そこからその『ぼくのおじさん』を読み、『どくとるマンボウ航海記』などのマンボウシリーズ、そして『船乗りクプクプの冒険』や『奇病連盟』といったユーモア小説、さらに実家の斎藤家をモデルとした長編『楡家の人々』などを読んでいった。

特に、エッセイのマンボウシリーズは何冊も読んだ。
  • 精神科医として、自身の躁うつ病による奇行
  • 株での失敗話
  • 熱狂的な阪神ファンとしての騒動
  • 昆虫への関心
  • 遠藤周作、阿川弘之、佐藤愛子、宮脇俊三、星新一といった近い世代の作家たちとの交友
といった面白いエピソードが軽妙な文章で書かれていて、何度も読み返した。

ご冥福をお祈りいたします。
合掌。



[北氏の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ああ、北杜夫が亡くなった……。北杜夫はわたしの青春の作家の一人である。 思い出すのは、ミステリーだと思って買った「怪盗ジバコ」が、ま、広義ならミステリーかもしれないが、所謂ユーモア小説だったとい...
2011/10/27(木) | David the smart ass
私の中には、あなたが沁み込んでゐる。
2011/10/27(木) | 仙丈亭日乘