『キケン』:雨読夜話

ここでは、「『キケン』」 に関する記事を紹介しています。
キケン
キケン有川 浩
新潮社 2010-01-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ストーリー・セラー
三匹のおっさん
ラブコメ今昔
植物図鑑
フリーター、家を買う。


工業大学の機械制御研究部(通称キケン=危険)という部活を舞台とした連作。
表紙および裏表紙のギャグ漫画風のタッチが面白そうだったので読んでみた。

爆発物を扱うのが大好きでテロリストにしか見えない部長の上野と、大魔神とあだ名のある副部長の大神を中心に、元山や池谷といった1回生を巻き込んで話が進んでいく。

表紙や上野のキャラの濃さからとんでもない方向に話が進んでいくのでは?と最初思っていたが、むしろ大学生活における若さゆえのやんちゃなエピソードといった要素もあり、意外とリアルなところもあって内容に厚みを加えている。

また、語り手はツッコミ役で常識人というキャラクターの元山が務めているが、徐々に上野や大神のペースに巻き込まれて濃くなっていくあたりも楽しい。

著者については『図書館戦争』シリーズのイメージしか持っていなかったが、他の作品も面白いことが分かった。
他にも何冊か読んでみたいと思う。



[本書の文庫版]
キケン (新潮文庫)キケン (新潮文庫)

有川 浩
新潮社 2013-06-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 有川浩,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック