『生命保険の「罠」』:雨読夜話

ここでは、「『生命保険の「罠」』」 に関する記事を紹介しています。
生命保険の「罠」 (講談社+α新書)
生命保険の「罠」 (講談社+α新書)
後田 亨
講談社 2007-11-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
生命保険のウラ側 (朝日新書)
“おすすめ”生命保険には入るな!―「お金のプロ」20人が本当に入っている保険はこれだ
生命保険のカラクリ (文春新書)
がん保険を疑え!
医療保険なんていりません! (新書y 224)


日本生命の営業を長年行い、現在保険代理店業を営む人物による、現在の生命保険の問題点を具体的に語っている作品。
先日契約している生命保険のおばさんから満期を迎えるので特約がつくので更新を・・・と話があり、見直しを検討しようと思い読んでみた。

日生時代に経験したことや代理店業務をやってきた経験から、大手や外資の生命保険会社では新規契約を取ったり更新することばかりに熱心で、保全(支払業務など)がおざなりになっていることが具体的に書かれている。

現在契約している生命保険もそうなのだが、特約などが色々とついていて複雑なパッケージとなっていていまひとつ分からない場合が多い。
これはわざとそうすることで、低い原価率(と高い生命保険会社の取り分)が分かりにくくしていることによるとあり、納得できる。

また、保険の仕組みにおける注意点をあまり説明しないことや、極論のケースを挙げて不安をあおること、そして他社の問題点を挙げて信者にするような手口などが書かれていて、特に複雑な仕組みの生命保険には気をつける必要があると認識させられた。

その上で、急に必要になって払えないものから入るのが保険の本来のあり方とし、106歳まで生きなければ元が取れない終身保険よりも、定期掛け捨て型の保険の方が合理的としている。
(逆に学資保険などは、前々から貯蓄を積み立てれば済む)

生命保険を販売しているプロも、実際は宣伝されている商品ではなく、割安な会社の団体保険を利用している場合が多いとあり、さらに内容に説得力を持たせている。

これまで面倒なのであまり知ろうとしなかった生命保険について、知っておきたかったポイントの多くが書かれていて、かなり役立ったと感じている。



[本書の文庫版]
生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由 (講談社プラスアルファ文庫)生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由 (講談社プラスアルファ文庫)

後田 亨
講談社 2012-08-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

生命保険見直し



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック