『草原の風 - 中巻』:雨読夜話

ここでは、「『草原の風 - 中巻』」 に関する記事を紹介しています。
草原の風 - 中巻
草原の風 - 中巻宮城谷 昌光
中央公論新社 2011-11-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
草原の風  上巻
三国志〈第10巻〉
呉越春秋 湖底の城 第二巻
耶律徳光と述律 上 (朝日文庫)
史記武帝紀 5


宮城谷昌光による、後漢の光武帝劉秀を主人公とした歴史小説の中巻。
兄とともに南陽郡で挙兵した劉秀は新市および平林の反乱軍と合流し、新帝国の官軍との戦いを繰り広げていく。

官軍との戦い以外にも反乱軍内部での主導権争いも徐々に激しさを増し、劉秀は兄や姉などの一族を戦いや暗殺などで失うなど苦しい局面が続いていく。
その中でも希望を失わずに戦局に臨む劉秀には、朱祐など多くの人々が集まり盛り立てていくところがよく描かれていると思う。

次が下巻で完結するが、この内容なら全5巻でもいいくらい面白い。



草原の風 - (下)
「草原の風 - (下)」
 著者:宮城谷 昌光
 出版:中央公論新社
 発売日:2011-12-09
 価格:¥ 1,680
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 宮城谷昌光,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック