『医療保険なんていりません!』:雨読夜話

ここでは、「『医療保険なんていりません!』」 に関する記事を紹介しています。
医療保険なんていりません! (新書y 224)
医療保険なんていりません! (新書y 224)
荻原 博子
洋泉社 2009-10-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
医療保険は入ってはいけない![新版]
“おすすめ”生命保険には入るな!―「お金のプロ」20人が本当に入っている保険はこれだ
生命保険の「罠」 (講談社+α新書)
荻原式老後のマネー戦略
生命保険のウラ側 (朝日新書)


現在販売されている医療保険にはかける費用と比較して必ずしも有効とは言えず、むしろその費用を貯蓄に回すことでまかなったほうがいいと語っている作品。

このところ後田亨氏の『生命保険の「罠」』『生命保険のウラ側』を読み、これもまた保険関連で関心があったために読んでみた。

本書のタイトルにある背景としては、病気やけがに対して一般に知られている以上に健康保険でカバーできること、そして医療保険の給付条件が色々と制限があったりすること、給付を受けることになる確率が費用に比べてかなり低いことなどがあり、具体的に解説している。
そして医療保険に限らず、生命保険や学資保険、養老保険などでもあまり有利でない商品がしばしばあることを語っている。

上記の2冊を読んでいたために知っていることも多く、分かりやすくて早く読み終わることができた。
また、本書で充実していると思うのはケース別の保険の見直し方法が具体的に書かれているところである。

保険に対してちょっと払いすぎているような気がしていて納得できるところも多く、役立ったと思う。



[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック