fc2ブログ

『草原の風 - 下巻』:雨読夜話

ここでは、「『草原の風 - 下巻』」 に関する記事を紹介しています。
草原の風 - (下)
草原の風 - (下)宮城谷 昌光
中央公論新社 2011-12-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
草原の風 - 中巻
草原の風  上巻
史記 武帝紀〈6〉
三国志〈第10巻〉
呉越春秋 湖底の城 第二巻


宮城谷昌光による、後漢の光武帝劉秀を主人公とした歴史小説の下巻。

中巻で苦境から脱した劉秀は、成帝の子孫を騙る王朗一派、そして他多くの武装集団を退けて河北平定を達成する。
その後家臣たちに推されて皇帝に即位し、以前仕えていた更始帝を破った赤眉軍と戦い、中華統一に突き進んでいく。

この時期になると呉漢などのように有能な将軍たちがそれぞれ一軍を率いて戦うなど、徐々に劉秀が皇帝らしくなる過程が分かる。

また、上巻や中巻にも登場した劉秀と交流のあった人々との再会シーンもしばしば出てくるなど、面白く読むことができた。

難点としては登場人物が多いので、劉氏の系図だけでなく主な登場人物の一覧もつけて欲しいところである。
講談社などから出ている宮城谷作品ではそれができているので、なおさらついていないことに不足感を覚える。



[本書の文庫版]
草原の風(下) (中公文庫)草原の風(下) (中公文庫)
宮城谷 昌光
中央公論新社 2013-11-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 宮城谷昌光,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック