『だれも教えてくれない法律活用ガイド』:雨読夜話

ここでは、「『だれも教えてくれない法律活用ガイド』」 に関する記事を紹介しています。
だれも教えてくれない法律活用ガイドだれも教えてくれない法律活用ガイド

セ゛ンリョーな市民の集い 造事務所
情報センター出版局 1996-02-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


社会生活でしばしば遭遇する、法律への対応や利用の方法を分かりやすく解説している作品。
1996年刊行と、25年以上経っていて法律が変わったにも関わらず現在も発売中なのは、基本的な内容がしっかりしているからだと分かる。

警官による職務質問への対応や、裁判や逮捕などで起こる出来事、法律用語の中身、トラブルでの法的解決の仕方など、知っておくといざというときに役立つ内容がいくつも書かれている。
できれば、役立つシーンが少ないに越したことはないが。

例えば比較的発生しやすいシーンとして、やむを得ず金銭を貸さざるを得なくなった場合は、下記の6項目を記載した借用書(金銭消費貸借契約書)に捺印をもらおうと思った。
  1. 金額
  2. 利率
  3. 返済期限
  4. 返済方法
  5. 遅延損害金
  6. 利息不払いのときの取り決め
できれば公正証書とし、時効を防ぐために内容証明つきの催告書を送付するなどの方法も効果があるようだ。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック