『麒麟の翼 -劇場版・新参者』:雨読夜話

ここでは、「『麒麟の翼 -劇場版・新参者』」 に関する記事を紹介しています。
麒麟の翼~劇場版・新参者~ 通常版 [DVD]
麒麟の翼~劇場版・新参者~ 通常版 [DVD]
阿部寛 (出演), 新垣結衣 (出演), 土井裕泰 (監督)
東宝 2012-07-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワイルド7 [DVD]
アンダーワールド 覚醒 [DVD]
ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [DVD]


東野圭吾の小説を映画化したミステリー映画で、近くの映画館で観た。
これは以前読んだ『私が彼を殺した』にも登場した加賀恭一郎刑事が主人公で、主演として阿部寛が演じている。

話は中井貴一が演じる青柳が刺され、日本橋にある麒麟の像のたもとで息絶えるシーンから始まる。
また、現場近くで不審な行動をしていた派遣切りに合った青年の冬樹が、警官から逃げる際にトラックに轢かれて意識不明の重態となる。
その冬樹が派遣切りにあったのが青柳が製造本部長を務めていた会社の工場だったことから、派遣切りへの逆恨みによる殺人という線で捜査が進んでいく。

この件に対して所轄の加賀刑事は多くの不審な点を感じ、溝端淳平が演じる松宮刑事とともに捜査に当たっていく。
そして青柳が日本橋にある神社めぐりをしていたことや青柳の長男が通っていた中学校での話、冬樹と同棲していた香織(新垣結衣)が語ったエピソードなど、さまざまな要素が出てきて徐々に真相に迫っていく。

東野作品ということで、以前映画館で観た『容疑者Xの献身』(劇場版)が比較的近い感じだったかと思う。
ただし、本作は名探偵の活躍よりも悲劇という要素が大きい作品であり、あまり好みの作風ではなかった。

これは映画を観ての感想であり、小説から入ると別の感想を抱くのかもしれない。



[本作の原作]
麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)

東野 圭吾
講談社 2011-03-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 東野圭吾,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック