『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』:雨読夜話

ここでは、「『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』」 に関する記事を紹介しています。
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ロバート・ダウニーJr. (出演), ジュード・ロウ (出演),
ガイ・リッチー (監督)

ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-07-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
TIME/タイム 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
アンダーワールド 覚醒 [Blu-ray]
アンダーワールド 覚醒 [DVD]


以前観た映画『シャーロック・ホームズ』の続編。
好きな作品なので、公開初日である昨日に早速観に行った。

今回は原作でもホームズのライバルとして知られる”悪のナポレオン”ことモリアーティ教授との対決がメインとなっている。

ストーリーとしてはヨーロッパ各地で爆弾テロが発生し、特にフランスとドイツの関係が険悪になっていくところから始まる。
フランス、ドイツ、無政府主義者などの関与が疑われる中、ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)は黒幕がモリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)だとにらんで事件に当たっていく。

その頃ワトスン(ジュード・ロウ)は結婚を控えている時期で、結婚式から新婚旅行と、展開として当然ながら事件に巻き込まれてしまう。
ホームズとワトスンはロマ族の女占い師シム(ノオミ・ラパス)や、ホームズの兄で外交官をしているマイクロフト(スティーヴン・フライ)らとともにモリアーティ教授との戦いに挑んでいく。

今回はイギリスだけでなく、フランスやドイツといったヨーロッパ大陸も舞台となっており、前回以上にスケールの大きな作品となっている。
普及し始めた頃の自動車や新型の銃など、19世紀末から20世紀初頭にかけての世界観も再現されている。

前回に続いてアクションシーンは派手で、特にシーンのスピードを速めたり遅らせたりすることで、かなり臨場感があるのがいい。
今回は格闘戦だけでなく、銃や爆発シーンも多くなっているのが印象的だった。
冷静に見れば変だと思っても、ちょっと見にはすごそうに感じてしまう機械のからくりなども面白い。

モリアーティ教授も、前作のブラッドウッド卿とはまた違ったタイプの悪役で、ホームズファンに知られるあのキャラクターもモリアーティ教授とともに登場していたりする。

期待を裏切らない作品で、楽しむことができた。
原作でモリアーティ教授が登場する作品は読んでないので、そのうちに読んでみようと思う。



[ホームズとモリアーティ教授の闘いを収録している作品]
シャーロック・ホームズの回想 (角川文庫)シャーロック・ホームズの回想 (角川文庫)

コナン・ドイル (著), 駒月 雅子 (翻訳)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-12-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


blogram投票ボタン
スポンサーサイト

関連タグ : コナン・ドイル,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『シャーロックホームズ シャドーゲーム』 ガイ・リッチー版ホームズの第2弾。 うーん、なんだか前回よりも作りが雑になってませんか? もちろん、映像の美しさは前回を超えて
2013/01/09(水) | 観・読・聴・験 備忘録