fc2ブログ

『[新訳]名将言行録-大乱世を生き抜いた192人のサムライたち』:雨読夜話

ここでは、「『[新訳]名将言行録-大乱世を生き抜いた192人のサムライたち』」 に関する記事を紹介しています。
[新訳]名将言行録
[新訳]名将言行録岡谷 繁実 (著), 兵頭 二十八 (編集, 翻訳)
PHP研究所 2008-09-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
『名将言行録』を読む
ピーターの法則
戦国武将逸話集―訳注『常山紀談』巻一‐七
うっかり戦国4コマ かいこ (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS DX)
うっかり戦国4コマ かいこ (2) (ウィングス・コミックス)


明治時代に、館林藩出身の岡谷繁実が各藩に伝わる大名や武将たちのエピソードをまとめた『名将言行録』を大幅にダイジェストした上で現代語訳している作品。

副題に192人とあるように、原著でも192人を扱っていたらしく、これまで聞いたことのないような人物の逸話も多く含まれており、かなりマニアックな印象を受ける。
知られざる人物の話という意味で楽しめる。

もちろん、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、毛利元就といった戦国武将や、水戸光圀、松平信綱、池田光政といった江戸時代の藩主、そして可児才蔵や渡辺勘兵衛といった名の知られる武士たちも入っている。
華々しい活躍だけでなく、その活躍を支えた彼らの哲学が垣間見られるのがいい。

ただし、新書という限られた体裁の中に192人を詰め込んだため、1人当たりのページ数およびエピソードが少なくなっている。
そのため、『名将言行録』の最初の一冊という形で読むのがいいのだろうと思う。



日本人の叡智 (新潮新書)日本人の叡智 (新潮新書)

磯田 道史
新潮社 2011-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック