fc2ブログ

『神々の遺品』:雨読夜話

ここでは、「『神々の遺品』」 に関する記事を紹介しています。
神々の遺品 (双葉文庫)
神々の遺品 (双葉文庫)
今野 敏
双葉社 2002-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ナイトランナー―ボディーガード工藤兵悟〈1〉 (ハルキ文庫)
海に消えた神々 (双葉文庫)
曙光の街 (文春文庫)
触発 (中公文庫)
熱波 (ハルキ文庫)


今野敏による、オーパーツやエイリアンなどが絡んだミステリー。

アメリカ国防総省で超常現象を担当する特殊部隊「セクションO」が組織され、その後日本でUFOやピラミッドなどを扱うライターの三島が殺害される事件が発生する。
また、そのライターと親交のあった大学生の東堂も失踪し、警察が行方を追うなど不自然なことも多く起こる。

この事件に対し、私立探偵の石神は東堂の友人という江梨子から東堂探しの依頼を受け、助手の明智とともに捜査に当たることになる。
その中で三島や東堂と知人に当たる外国人の神父や、石神が警察に務めていた頃の先輩に当たる中西など癖のある人物が次々と登場し事件が展開していく。

また、セクションOの設立に関わった国防総省のジョーンズ少将も、セクションOのあまりの秘密主義ぶりに不自然さを感じて独自に調査していくこととなる。

展開やネタについて苦しいところ、分かりにくいところもあるが、著者の『特殊防諜班』シリーズのようにあまり深く考えなければそこそこ面白い。
二つの場面が同時進行するところや時代劇っぽい展開など、著者らしい部分が出ていると思う。



[参考文献に挙げられていた作品]

創世の守護神 (小学館文庫)創世の守護神 (小学館文庫)

グラハム ハンコック (著), ロバート ボーヴァル (著),
大地 舜 (翻訳)

小学館 1999-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 今野敏,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今野敏 『神々の遺品』(双葉文庫)、読了。 UFOや古代文明の謎に迫る・・・・・的な紹介文だったので、 買おうかどうしようか迷ったのですが、買っといて正解でした。 摩訶不思議な事象を扱っているの...
2012/05/10(木) | 観・読・聴・験 備忘録