国立博物館「ボストン美術館 日本美術の至宝」展:雨読夜話

ここでは、「国立博物館「ボストン美術館 日本美術の至宝」展」 に関する記事を紹介しています。



先週末、10年ぶりくらいに上野の国立博物館へ特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」(2012年3月20日~6月10日)を観に行った。
今回の展示は、収蔵に岡倉天心やフェノロサが関わったものということで、予備知識を持たずに来たのでなるほどと思った。

まず目に付いたのは絵巻物で、「吉備真備入唐絵巻」と平治の乱を描いた「平治物語絵巻」が展示されている。
「吉備真備入唐絵巻」は、吉備真備が遣唐使として唐を訪れた史実を元にしたSFもので、幽鬼となった阿倍仲麻呂の超能力に助けられて難題を解決していくのが面白い。

また、安土桃山時代から江戸時代にかけての狩野派の絵が多く展示されている。
探幽や元信など多すぎて覚えられないが、豪華な感じの屏風絵やシンプルな水墨画など多くの絵を楽しむことができる。

そして、パンフレットなどにも掲載されている「雲龍図」をはじめとする、曾我蕭白の作品の展示もコーナーとなっている。
実は行くまで「雲龍図」が蕭白作と気付いておらず、作品の迫力とともに蕭白の作風の広さに驚いた。
もちろん、イメージ通りのちょっと気持ち悪いタッチの人物画も面白い。

充実した展示だったので、行って良かったと思う。



もっと知りたい狩野派―探幽と江戸狩野派 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい狩野派―探幽と江戸狩野派 (アート・ビギナーズ・コレクション)

安村 敏信
東京美術 2006-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)無頼の画家 曾我蕭白 (とんぼの本)

狩野 博幸 横尾 忠則
新潮社 2009-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チケットぴあ

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック